ギャラリー

年間で様々なイベントが行われております

  • HOME
  • ギャラリー

能登島年間イベントをご紹介

能登島では年間を通して多数のイベントが行われています。
能登エリアで開催される地域のイベントやお祭、行事などを紹介しています。
イベントに合わせてのご宿泊のご予約をご検討の方はお早目の予約をお勧めしています。
是非、能登の楽しい行事にご参加下さい。

2月

ごっつお祭り


能登島マリンパーク海族公園で開催されます。
能登島でとれた新鮮な魚介類をメインに冬の味覚を味わえる食のイベントです。「ごっつお」とは方言で「料理」や「おかず」という意味です。
心を込めて作った各種特産品の販売が行われます。

3月

能登和倉万葉の里マラソン


全国から毎年多くの参加者が集います。
和倉温泉を拠点にフルマラソン・10㎞・親子ペア1.2㎞の種目のマラソンが行われます。
多くの人が能登の景色を楽しみながら、参加しています。

5月

青柏祭の曳山行事(でか山)

青柏祭の曳山行事
能登地区最大の祭礼。高さ12m、重さ20tの日本一大きな曳山「でか山」3台が狭い町なかを曳き廻される。
中でも、「辻廻し(つじまわし)」と呼ばれる方向転換は必見。
8mの大梃子(おおてこ)に若連中が鈴なりになって、てこの原理で曳山の前車輪を浮かせ、回転用の地車を入れて辻を曲がる。
訪れる人々が曳山を曳くことができる参加型の祭りです。(写真提供:石川県観光連盟)

6月

能登よさこい祭り


平成9年から始まった「能登よさこい祭り」。
石川県内・県外より約70のよさこいチームが集まって覇を競います。
エキサイティングで華やかな踊りの熱気が町中にみなぎり、たくさんの見物客で賑います。
県外チームの参加も年々増え、地元チームとの交流を積極的に行っています。踊り子があらぶる魂にて一心不乱に鳴子を打ち鳴らす様は、観る者を魅了します。

7月

向田の火祭

向田の火祭
日本三大火祭りの一つで、毎年7月の最終土曜日に行われる夏祭りです。
男衆が伊夜比咩神社から神輿と大小7基のキリコ(奉灯)を崎山お旅所まで担ぎ出し、高さ30mもの大松明に手松明を投げつけて点火します。
燃えつきた松明の倒れた方向によってその年の豊漁、豊作を占います。(写真提供:石川県観光連盟)

七尾港まつり


港の振興と市の発展を願い開催されてきた市民のお祭りです。港に感謝し、港の歴史を振り返る祭りとし開催いたします。
市内の保育園・幼稚園の園児達が元気で可愛い踊りを披露する「ちびっこカーニバル」や、「子供提灯行列」揃いの浴衣で踊る「総踊り」や「花火大会」まで二日間に渡り開催されます。大人から子供まで楽しめるイベントです。

モントレージャズフェスティバルイン能登


本場モントレー以外、世界で唯一「モントレージャズフェスティバル」の名称で開催される真夏の祭典!アメリカ カリフォルニア州 モントレー市と七尾市和倉温泉観光協会がジャズを通しての友好を目的にスタートしました。
ジャズを通しての町づくり・教育交流事業が推進されています。海風漂う七尾マリンパークでジャズで熱いひとときを楽しみませんか?

8月

海ほたる鑑賞会


「海の神秘」海ほたる!海ほたるとは、大きさが2~3ミリの丸い甲殻類です。暖かい季節の夜に活発に活動し、最適の観察シーズンは海水温度が上昇する5月から10月くらいとされています。
昼間は砂の中に潜っていて夜間に活動をします。海ほたるの群れが幻想的に光りとても美しい光景が見られます。

石埼奉燈祭

石埼奉燈祭
8月第1土曜日、海の男達が年に一度熱い血潮をたぎらせる祭りが石崎奉燈祭です。100人もの男達が、大きなキリコを担ぎ上げて練りまわる威勢よさが迫力満点。夕刻になると「堂前広場」に7基の奉燈が勢ぞろい。
漁師町の意地をかけ力強く乱舞する奉燈に、夜空の花火が彩りを添えると、さらに大きな歓声があがります。(写真提供:石川県観光連盟)

9月

お熊甲祭

お熊甲祭
国の重要無形民俗文化財に指定されています。
町内の各集落に鎮座する19の末社からくり出した神輿は、
天狗面をつけた猿田彦が太鼓に合わせて踊りながら祭りを先導し、
高さ20メートルもの真っ赤な枠旗(わくばた)を担ぎます。
「島田くずし」と呼ばれる大技も披露されます。(写真提供:石川県観光連盟)

ツール・ド・のと400


能登半島の振興を目的とし、開催された自転車サイクリング大会です。
全国のサイクリング愛好者が、美しい大自然の中、能登半島一周コースを3日間で自らの体力と気力で走ることを目的とした大会です。
能登島の海岸線約400キロを3日間かけて走りますが、1日単位でも参加できます。スピード競技ではなく、完走を目的とした大会です。

10月

おつけ祭り


毎年秋に鰀目漁港で開催される、島をあげての収穫祭です。
おつけとは、能登島の方言でお味噌汁。海の幸、山の幸が沢山入ったおつけが販売されます。
能登島の「おつけ」を楽しみに是非足をお運び下さい。
能登島産の食材や加工品の販売もあります。

12月

立川流落語会


毎年恒例2日間に渡り開催されます。
島宿せがわ広間が会場です。
出演者 立川志らら・立川小談志・立川吉幸
料金は1,500円。要予約で、お弁当付きチケット3,000円もあります
Aはいから弁当(洋風)Bお寿司弁当の2種類です。