能登島の海の幸

通年で様々な魚が獲れます

  • HOME
  • 能登島の海の幸

能登島の魚介類が美味しい理由

七尾湾・富山湾沖は暖流の「対馬海流」・寒流の「リマン海流」とが交わるため、温暖な魚と寒冷な魚が混在します。

また、世界農業遺産に認定された「能登の里山里海」や立山連邦からミネラル豊富な水が海へ流れ込むためプランクトンや小魚が豊富で良質な漁場となっています。

春~夏 たい、あじ、さば、まぐろ、さわら
秋~冬 サバ、かます、アオリイカ、さわら
あんこう、とらふぐ、ぶり、

季節ごとで味わえる「旬の魚」

七尾・能登島の大型定置網により水揚げされた獲れたての魚のことを「いきいき七尾魚」と呼ばれブランドとして親しまれています。

「いきいき七尾魚」は沖合いで漁獲、すぐに漁船の魚槽に引上げ、殺菌処理を行った滅菌冷海水やマイナス2度の海水で作ったシャーベット氷を使用することで、海水の濃度を低下させることなく鮮度がおちないまま皆様にお届けしています。

新鮮な魚介類